レーシックを受ければ、近視は治せます。 でも、レーシックを受けられるかどうかは、事前の適応検査で判断されるため、誰もがレーシックを受けて近視を治せる訳ではありません。 適応検査では、角膜のカーブの度合いや眼底のチェック、水晶体や網膜のチェックなどを行いますが、そこで重要になるのが角膜の厚さです。 この角膜の厚さがレーシックに適した十分な厚さであれば、レーシックを受けて近視を治すことができるでしょう。 ただし、レーシックを受けたからといって、希望通りの視力にまで回復するとは限りません。 0.1以下の視力だった人が、いきなり2.0の視力にまで回復することは困難です。 けれど、一般的なケースであれば、1.0程度の視力には回復することができますから、現在以上の視力に回復することは間違いないでしょう。 日常生活で眼鏡やコンタクトレンズでの近視の矯正に煩わしさを感じているのであれば、ぜひレーシックを検討してみてはいかがでしょうか?